野草酵素入りの健康食品を飲もう|体の内側から健康に

レディー

大人女子の賢い過ごし方

たくさんの生薬

女性の体のライフスタイル

女性の体は一般的に40歳代になると卵巣機能が低下していきます。やがて閉経を迎えますが、その閉経期を挟んだ前後数年を更年期と言います。閉経期にはイライラしたり体が冷えたり、肩こりなどの症状が出てきます。そんな症状を少しでも和らげる方法があります。温泉は体の中の体液や血液の循環を良くする効果があります。その効果によって、冷えや肩こりを軽減することが出来ます。何より、温泉は気持ちがリフレッシュします。イライラを減らして、良い気分転換になりますね。更年期の特徴として女性ホルモンの減少があります。対策としては大豆イソフラボンを取り入れましょう。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしますので、更年期症状を軽減する事に役立ちます。毎日の食事に豆腐や納豆を取り入れると良いです。

私たちの強い味方

更年期障害は体が急に熱くなったり、イライラしたり、酷くなると気持ちの落ち込みなどの症状が出てきます。不安なイメージを抱いている方は少なくないかもしれませんが、今のうちに知識を身につけて、対処方法を知っていればよいのです。更年期障害の治療の一つに漢方があります。漢方は血の巡り、水の巡り、気の巡りをみて診断します。個人個人の状態を診断し、その人に合わせた治療を取り入れます。その人の体内の血や水や気の滞り具合を判断し漢方薬を処方します。最近では飲みやすい漢方薬もありますので、味が苦手な方はお医者さんに相談してください。また、漢方薬は高いというイメージがありますが、保険が適応されますので安心して下さい。